<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 01日

2017年2月に観た映画のことども

2月の鑑賞メーター
観たビデオの数:12本
観た鑑賞時間:1353分

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [DVD]インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [DVD]
マットデイモンのナレーションが、このドキュメンタリーのA級度を高めているかと。方向性が、経済政策の犯人たちは今って感じで固まっているので、公平かどうかは別として、企業破綻はそれだけ見るのではなく、そこに至った歴史があり、破綻のときにはその歴史を振り返ることは困難で、そういうところをまとめた映画かと。これを見れば、現在のトランプ大統領による経済緩和策も、将来どんな破綻に繋がっていくのかと危惧します。日本もバブルがありました。銀行の破綻もありました。規制が厳しいと豊かにはなれず、逆に緩いとリスクが増大します。
鑑賞日:02月26日 監督:チャールズ・ファーガソン
バーレスク [DVD]バーレスク [DVD]
非常にセンスのいい映画。ノリとテンポと名演技。クリスティーナアギレラ、キュートな顔に歌唱力、そして美しいボディ、主役が良ければ映画自体もよくなる典型。シェール、押し出しすぎず、でも安定感。歌の見せ場も当然あります。もう今では70歳とはびっくり。現代版、フラッシュダンス。実力を持った名もなき主人公の成功物語。当然、主人公の心は清らか。最初の場面で、自分の給料を・・・。元気の出る映画という他人のレビューの意味がわからなかったけど、前向きで才能があって開花して、そして周りのみんなが幸福になるミュージック映画。
鑑賞日:02月25日 監督:スティーヴン・アンティン
タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD]タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD]
アメリカンニューシネマ、括りはわからないが、全部同じ臭い。不条理で音楽が古臭い効果音の役割を果たし、暗雲が漂う。しかし、ロバートデニール若いし、青臭い。まだ、大人の雰囲気をまとっていない。その彼が演じる主人公に共感できないので、この映画はノレナカッタのでした。ジョディフォスターの名演というのもよくわからないが、子役からの脱却、転機という意味で捉えるしかないなあ。
鑑賞日:02月19日 監督:マーティン・スコセッシ
リアリティ・バイツ [DVD]リアリティ・バイツ [DVD]
昔の作りの映画。エンタメよりナイーブさが売り。感じて派。出演しているイーサンホークの別作品ビフォーサンライズのような。ベンスティラーの初監督作品ということで、感性でどうよみたいな肩の凝る作品。ただ、マイシャローナが流れたり、ピーターフランプトンときたら懐かしいけどね。原題は現実が噛み付く、社会の厳しさ。主人公の、ボタン掛け違いウィノナライダーあほ女の漂流生活。煙草のシーンと、この頃のキーワードエイズが時代を感じさせるなあ。スティーブザーンのデビュー作のようで、まだ青い青い。今更観る必要より、資料性が高い。
鑑賞日:02月11日 監督:ベン・スティラー
ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)
なるほどなあ、球場に観客5万人。一銭も使いたくない人もいるけど、ビールにバーガーにポップコーン、財布の紐も緩むってことは、それだけ現金が飛び交い、釣銭の準備もいるなあ。大金を狙うにはピッタリの場所だ。この映画のチームは中々の猛者なのだが、やはり弱点は女性にある。溺れるような生き方をする妹が弱点。わざわざ関係者の女に恋をする弱点。ベンアフレックが監督までしているんだけど、しっかり作られた、見所の多い映画です。ただ、レベッカホールは未だにその良さがわからないので、別の女優だったらよかったかな。
鑑賞日:02月11日 監督:ベン・アフレック
ダブル・ジョパディー [DVD]ダブル・ジョパディー [DVD]
アシュレイジャッドの俄かファンなのだが、トミーリージョーンズのクレジットが上の方にあったので、どんだけジャッド出てるんでしょうと思ったら、全部ジャッドでした。ただし、私はチャーミングな彼女が好きで、最初はチャーミング、途中から悲愴な女、途中から鉄の女、最後は優しさの溢れる彼女で、まあ色んな演技が見れたからいいかな。あと、濡れ場も(笑)しかし、悪い男は最後まで、どこまでも卑怯だなあ。他にどんな映画に出ていたか知らないが、一発で嫌いになったよ(笑)
鑑賞日:02月10日 監督:ブルース・ベレスフォード
トゥルー・ロマンス [DVD]トゥルー・ロマンス [DVD]
何気に出逢う若い二人の愛の物語、と思ってみたら大間違い。しなくてもいい犯罪に手を染めた彼氏に、これが本当のロマンスだわと痺れる彼女はなんなんでしょう。最初の台本では、最後は当然、二人に未来はないどん底の筋書き。もし、そのままだったとしたら、この物語の救いは何でしょう。個人的には、気のいい友人があの場から、うまく逃げられたことでしょうかねえ。亡霊を使って、物語を進める手法、他に何か手はなかったものか。あの設定だけは、なんか腑に落ちないのですが。
鑑賞日:02月10日 監督:トニー・スコット
スモーキング・ハイ [DVD]スモーキング・ハイ [DVD]
面白いといえば面白いし、くだらないといえばくだらないし、会話の意味がわからない反面、名演といえば名演。アクションシーンでは、なぜかプロに勝つし、友情の意味もわからなくなる。気になるのは、高校生彼女とのその後かな。
鑑賞日:02月10日 監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
アウトロー [DVD]アウトロー [DVD]
昔のトムクルーズと言えば、トップガン以降、カクテルとかレインマンとかアクションに関係のない有名俳優としての映画が多かったけど、最近ではすっかりアクション、しっかりアクション。私はカーチェイスは好きじゃないが、そこもノースタントでやっているし、ボディメイクもある意味半端ない。エージェントなんかではお喋り俳優だったけど、MIとかこういう語らずして格好いいのも最近のハマり所。アウトサイダーの端役が、こんなにビッグになりましたのこと。ロザムンドパイクは、大味な日本人の女優みたいで、ちょっと魅力にかけるなあ。
鑑賞日:02月05日 監督:クリストファー・マッカリー
The Imitation Game イミテーション・ゲーム 英語音声英語字幕のみ[PAL-UK版]The Imitation Game イミテーション・ゲーム 英語音声英語字幕のみ[PAL-UK版]
なんか、題名からして、どんでん返しの物語かと思ったら、観初めてみるとそういうことではなく、第二次大戦中の暗号解読秘話であった。キーラナイトレイいかしますねえ。それにしても、同性愛が折り込まれるのは、あまり好きじゃない。史実に基づいているので仕方ないが、どうしても物語がそこにしがみついてしまう。ただ、日本人はあまり外国の戦史には疎く、イギリスの戦争被害とか、中々知らないもので、浅い形ではありながら、そこらへんを描いた映画でもある。なぜ、戦争があったのか、遠い昔になったような気がする。今は、もっと危ういけど。
鑑賞日:02月05日 監督:
妖精ファイター [DVD]妖精ファイター [DVD]
実に陳腐な作りで、でもアシュレージャド目的で最後まで見たら、まあこんな映画も悪くはない。でも、劇場で見たら、料金的にはイマイチで、だから日本での興業も見送りになったのだろう。元レスラーが主演といっても、日本では知られていないし。アメリカ文化をまたひとつ知りました。乳歯が抜けたとき、歯を枕の下に置くと、妖精が1ドル置いていくわけで、私の幼い頃は、下の歯は屋根の上に投げ、上の歯は縁の下に放るものだったけど、あの風習はどういう言われだったのかな。改心、厚情、最後はプチなサクセスの物語。コメディファンタジー。
鑑賞日:02月05日 監督:マイケル・レンベック
サイドウォーク・オブ・ニューヨーク スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]サイドウォーク・オブ・ニューヨーク スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
全部エドワードバンズ。監督、脚本、主演。悪くも良くもなく、でもそういうことなら独りよがりな作りかも。私だって、自分が主人公なら、いかに自分に都合のいい物語にしようかって思うもの。ロマンティックコメディとなっていたけど、それも違うなあ。コメディじゃないし、ロマンティックとは言えない。割とフリーセックスなニューヨークの男女たち。その恋模様をドキュメント風味で仕立てたような感じです。
鑑賞日:02月02日 監督:エドワード・バーンズ

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2017-03-01 14:31 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 01日

2017年2月に読んだ本のことども

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:248ページ
ナイス数:40ナイス

半席半席感想
このミスになんでこの作家がランクイン?と思ったけれど、間違いなくミステリー、それも極上の。空が晴れ上がったような小気味よさをまとった、いい意味での安楽椅子探偵小説。ただし、その謎解きは、江戸の文化、侍文化があってこそ成り立ち、逆に読者は、そういう侍精神に新鮮さを感じる。事件が起こり、犯人は判明し自白すらしていても、なぜ事を起こしたのか、そこがわからない。主人公は、その事を解き明かすのだが、あっちこっち奔走するわけではない。熟慮を重ね、仮説を立て、相手にぶつけるのみである。自分だけの理由を語られるとねえ。
読了日:2月19日 著者:青山文平

読書メーター

[PR]

by kotodomo | 2017-03-01 14:27 | 読書メーター | Trackback | Comments(0)