「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 13日

◎◎「出口のない海」 横山秀夫 講談社 1785円 2004/8

b0037682_14335117.jpg 横山秀夫の作品を読んで初めて涙した。主人公は大学野球の投手。甲子園で活躍した選手であったのだが、肘をこわし、再起をかけて、未だかつて誰も投げたことのないような魔球を投げることを夢見、そしてそれに挑む。そんな彼が、なぜ特攻魚雷「回天」に乗り込んで散っていったのか・・・。

 初っ端の話からそういう設定は明らかになっていたので、彼が最後には死ぬことはわかっていたのだが・・・泣いてしまった評者。ジーンときましたね、彼が思いを遂げられなかった女性に残した手紙を読んで。前にもこんなことがあったような。ああ、『アジアンタムブルー』大崎善生を読んだときがそうだった。読んでないけど『世界の中心で、愛を叫ぶ』片山恭一も同じ作りなのかしらん。

 話の直截的な内容にはこれ以上触れまい。っていうか、ただそれだけの話であって、それ以上でもないし、それ以下でもない。なぜ、魔球を夢見ていた男が「回天」に乗って散っていったのか、それだけの話なのである。

 本書『出口のない海』は、横山秀夫にとっての新境地の作品かと思う。警察もの、事件ものとは関係ない。第二次世界大戦と若者を描いた佳作である。大学野球部と淡い恋。そして、個人の意思が意味を持たない戦争を描いた秀作である。多くの人に読んでもらいたい題材でもある。中学生以上なら読解できる平易な文章に、序盤の人間味ある青春描写、そして誰もが忘れてはいけない戦争という題材。読むべし、読ませるべし、薦めるべし、べし、べし、べしの作品である。

 評者は、たまにこういう作品に出会う。忘れてはいけない題材に、読んでよかったと感じる。例えば『ルール』古処誠二を読んだときも、登場人物たちと一緒になって、飢えに耐え、南の島を行軍した。自分たちを飛び越えて、沖縄に向かって行く敵機の存在を感じる無力感。実際に体感することはあってはいけないことながら、忘れてはいけない事実を疑似体験した。苦しかった。例えば『僕たちの戦争』荻原浩。青春物のテイストで軽く読ませながらも、祖国のために散らねばならぬ軍国青年の描写に、生ぬるい世の中で家族のことだけ考えて過ごすことの出来る自分を重ね恥じ、先人の志に深い感謝の意を覚えた。

 本書『出口のない海』では、「回天」という脱出不可能な兵器に乗り込んで散っていく若者たちの内面から、伝えたかったもの、伝えていかなければならないものに迫っていく。だから、心苦しい読み物は苦手という読者には、最後まで読み通すことができない作品かもしれない。でも、最後まで読むべし。そして、そういう兵器があったことを思い出すべし。そこに散った若者がいたことを記憶に残しておくべし。伝える必要はない。この本が伝えてくれるのだから。(20041012)

※本書を読み終えると、ラヴェルのボレロが聴きたくなる。ボレロを聴きながら読むのも一興かもしれない。本書のモチーフである。(書評No417)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-13 14:19 | 書評 | Trackback(8) | Comments(9)
2004年 10月 13日

6300円の本 『ニューヨーク』ベヴァリー・スワーリング

図書館の本は大体順調に消化中。
しかし『ニューヨーク』2段組630ページは、未読で返しそう。
また、次の機会に借りようかなあ。
他の本の3冊分の価格。読みたい気は大いにあり。
なかなか面白いらしいのです。

2ページ読んだ感じでは、面白いだろうなあという感触はつかめましたよ。
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-13 13:14 | メモる | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 12日

面白いじゃないか!

期待していなかった『出口のない海』横山秀夫は、まだ読み始めて50ページなのですが・・・
面白いじゃないか!人間味もあって、青春もあって。

これ読了したら、多分『百器徒然袋-雨』京極夏彦。図書館からそろそろ『百器徒然袋-風』が届きそうなので、その前の予習です(^.^)
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-12 07:42 | メモる | Trackback | Comments(5)
2004年 10月 11日

◎「神の子どもたちはみな踊る」 村上春樹 新潮文庫 460円 2002/2

b0037682_228383.jpg 村上春樹という作家が、阪神淡路大震災というものを念頭に置きながら書いた短編集を読んで、評者が考えたこと、思い出したこと。

1.催し、行事的な部分でしか宗教的でない評者の日常なのだが、それでも祈りというものとは無縁ではない。合格試験の発表、単なるくじ(特にビンゴなど)、記録のかかったスポーツ選手の試合、色んな場面で祈っている自分がいる。例えば、嫁さんの2回の出産時に扉の向こうで中の様子を聞き耳立てて伺いながら、母子の無事を祈ったり。

 最近では、その嫁さんと二人の娘と、初詣に行くことくらいが、定例の祈り(願い)の機会かもしれない。本当は、祈ったり願ったりするもんじゃないというのはわかっている。昨年の家族の無事や幸福を報告し、感謝の意味でお賽銭をあげるべきだと。でも、毎年のように、未来を願い、そのために賽銭箱にいくら入れようかと迷ってしまう。これではいけない。いけないと思いながらも、「幸せないけない」である。旧年に感謝せず、新年に願いしか言おうとしない不届きな評者は実は幸せなわけで、旧年に幸をすべて打ち消すような大きな不幸を背負った人には、感謝の気持ちすら持てないからであり、それができる状況にある評者や、その家族は幸せなのである。

2.喫煙ルームにわざわざ入っていって、咳き込みながら「煙草やめてください。私、煙草の煙だめなんです。」という男は、どういう風に分析すべきなのか。

3.競泳プールにはコースというものがある。評者は、泳ぎが得意ではないが、それでもコースの境の浮きに触れることなく、泳ぎきることはできる。それでは、プールが異様に狭く1コースしかない場合、泳ぎの感触はどうなってしまうのか。

4.先日、東京でも震度4の地震があったのだが、あのとき色んな悲惨な状況を想定しながら、外に逃げようかどうしようか迷っていた自分の判断は、どっちが正解だったのか。

5.今朝、起きて、掃除洗濯して、新聞読みながらコーヒー飲んで、読書して、朝飯は久々に抜いたので、昼飯のとき初めてテレビで人の声を聞く。評者は、メシのとき以外はテレビをつけないので、大体こういうことになる。結局、今日はまだ、誰とも会話はしていない。そういう生活は嫌いではない。
 
 東京は、荒川区の一人住まいで、本書『神の子どもたちはみな踊る』を読んで、評者は実はもっとたくさん考えていたのだが、いつのまにか忘れてしまった。(20041011)

※単行本は2000/2発行、1365円(書評No416)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-11 14:58 | 書評 | Trackback(4) | Comments(2)
2004年 10月 11日

▲「夜は満ちる」 小池真理子 新潮社 1470円 2004/6

b0037682_22114639.jpg 結局、雑誌連載が最初にデザインとしてあって、それが発展性のある連作短編集という形ではなく、テーマ、それも愛とか友情とかバリエーションの無限な物ではなく、霊的ホラーという狭隘なテーマで作品を発表し続けるとなれば、こういうアイディアレベルの低い作品群にならざるを得ないのであろう。しかしながら、女流作家としての叙述レベルはやはり上手いものがあり、似たような狭いテーマで統一された『狗』小川勝己作品などと比べれば、間違いなく上位に位置する作品なんだけどね。いかんせん、評者も男性だし、女性としての視点が中々なんじゃないかなと思っても、それは憶測でしかないもので(^^ゞ

 ただ、雑誌連載という形での売文的文章という揶揄は免れないんじゃないだろうか。一冊の単行本『夜は満ちる』として刊行された本書の場合、全体的な評価云々を語る是非より、ひとつひとつの作品の好みを問うくらいのパワーしか内包されてないんじゃないかと感じるからである。まあでも、やっぱり色んな方法で生計を立てていかなければ作家という職業も大変なわけで、そういう意味では否定はしないのだけど、今後の評者の読書の選択肢としては、『狗』そして本書『夜は満ちる』というのは経験した甲斐はあったのかもしれない。今後は、こういう流れの中で完成された単行本は、なるべく避けたいなあ、ということで。

 本書の表紙の内折りには“妬み、嫉み、憎しみ、劣情、欺瞞、恐怖と剥き出しの感情を露にした女たちが、日常にぽっかりと開いた闇の陥穽に捉われる瞬間を、夢うつつの美世界の中に綴った、極上の幻想譚”とある。確かに作者の上手さは出ており、それが“夢うつつの美世界”とまではいかなくても、ホラーに耽美をほどこしたような、そんな情緒は持っている。しかし、“極上の美世界”ではない。結局、ホラーはホラーでしかなく、“極上の美世界”と表現されているものを映像に仕立てても、結局のところ「世にも不思議な物語」みたいな映像にしかなりえないのである。でも、まあいいか。こういう番組、好きな人も多いし(^^ゞ

 昔、自分を捨てた男の妻の葬儀に出る女の話「やまざくら」。不治の病の夫と暮らす女性の話「夜は満ちる」。自分が空想で書いた幻想的な場所へ誘われていくセミプロ脚本家の女性喫茶店主の話「蛍の場所」。その他、題名も中々、書き出しもまあまあなのだが、結局、ホラーという限定されたテーマの中では、手垢のついた手法に終わってしまい、読者を思わぬ世界に引き摺りこむような意外性は存在しないのである。

 実は評者、書評家池上冬樹氏が、新聞書評でべた褒めしていた記事を見て、本書をとった次第である。だから、評者の感性ではなく、池上氏の感性なら私合いそう♪という読書には、意外に本書合うのかもしれない。(20041010)

※収録7編中6編は、小説新潮6月号から11月号に連載されていたものである。なんか、久々に、意外に真面目に書評してしまった評者なのである。(書評No415)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-11 14:56 | 書評 | Trackback(1) | Comments(2)
2004年 10月 10日

◎◎「雨にもまけず粗茶一服」 松村栄子 マガジンハウス 1995円 2004/7

b0037682_15342192.jpg 聖月“最期の10冊”に本書『雨にもまけず粗茶一服』をセレクトしよう(この、わけのわからない賞の正体は既評『海辺のカフカ』に登場するぞよ)。

 ついでに、今年の必読書にも入れておこう。ジャンルを細かくわければ、ユーモア侘び寂び小説部門の第一位!って、他にそんなジャンルの本はないか(笑)。じゃあ、いつものやつでいきましょうかねえ。本書『雨にもまけず粗茶一服』は、万人向けの面白小説の決定版。読むべし、読むべし、べし、べし、べしなのである。すこぶる痛快、すこぶるお気楽、すこぶる満悦、すこぶるいとおかし、そして最後にはどこかしんみり。味付けは、風情、風流、そこはかとなく。

 読む前に勘違いしていたのだが、表紙絵からユーモア時代物かと思っていた。ところが時代は、現代。でもしかし、舞台はおおよそ京都で、世界も茶道、武道、弓道なので、表紙絵とも違和感のない設定でもある。ちなみに表紙絵の一寸法師みたいなかわいい人物が持っているのは、櫂とか針とかつまようじとかではなく、どうやら茶杓らしい。茶道のときに使う道具のひとつである。

 大学受験に失敗した主人公青年19歳。なんだかんだで、家出する。彼の家は、茶道の家元。継ぐ気もない彼は、友人と京都へ。そしてそこで、居候みたいな住み込みみたいな生活が始まり、京都の文化や生活に馴染んでいくのだが、実は彼には隠し続ける秘密が!!お茶(お点前)が出来ることが、彼の隠し続ける秘密なのである(笑)。なんやそれ?と思うかも知れないが、この味付けが抜群に面白い。印籠を隠し続ける水戸黄門、身分を偽る王子と乞食、ローマの休日の王女、スーパーマン、自分を隠すという物語は、やはり面白いのである。唯一の持ち物が、家を出るとき弟に持たされた、その筋の道具屋に売ればいくらの値がつくかわからないという、家宝のような茶杓というのも、場面、場面の小道具としてグッド。いやあ、実に面白かった。読むべし。

 興味がなくても面白いのが、茶道独特の作法や、世界観。ただ、茶あ飲んでるだけやないのだ。例えば、畳との関係。茶道では位置の確認のために、畳の目が大切。例えば、掛け軸との関係。お茶会のお題に合わせ、軸を選び演出を大切にする。その他、お茶会の花やお菓子にも色んな意味づけがあるのである。

 そして、一番の味付けは、京都弁。京都独特の言い回し。そんな本好きやあらへんというあなたは、相当なイケズかもしれん(笑)

繰り返しになるが、読書の楽しみここにあり。読むべし、読むべし、いとおかし。(20041010)

※題名に使われている「雨にもまけず」。評者はこの言葉をかつてある人物に贈ろうと思っていたくらい好きである(結局、贈っていないが)。うろ覚えの方のために、以下に引用。結構、意味の深い作品かと。(書評No414)



雨にもまけず  宮沢 賢治

雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して瞋らず
いつもしずかにわらっている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜をたべ
あらゆることを
じぶんをかんじょうに入れずに
よくみききし わかり
そして わすれず
野原の松の林の蔭の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病氣のこどもあれば
行って看病してやり
西につかれた母あれば
行ってその稻の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って こわがらなくてもいいといい
北にけんかや そしょうがあれば
つまらないから やめろといい
ひでりのときは なみだをながし
さむさのなつは おろおろ あるき
みんなに でくのぼうとよばれ
ほめられもせず
くにもされず
そういうものに
わたしはなりたい

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-10 15:34 | 書評 | Trackback(11) | Comments(10)
2004年 10月 10日

△「だりや荘」 井上荒野 文藝春秋 1500円 2004/7


 この2004年の夏は、とにかく台風の上陸が多かった。家族や友人たちの住む鹿児島や、その他九州の情報もこれまで入ってきており、それによるとオール電化にしなくてよかったというのが、ひとつの結論のようである。評者も4年前鹿児島で家を新築し、友人たちもそれぞれに家を構えていたりするのだが、その家を持つときに必ず出てくるのが、オール電化にするや否やの話である。評者は単純に炎の出ない調理というのがピンと来なかったので、端から相手にしなかったのだが、そういう問題じゃなく、九州で停電のことを考えると、オール電化にすることは生活基盤の脆弱性に繋がるのである。昔と違って停電は少なくなったが、それでも今回鹿児島でも、5分の停電とか、10分の停電とかが、断続的に発生したということである。そうなると、調理場の無力化という結果になってしまい、どうもよくないようなのである。結果としては、オール電化にしなくてよかったということになるのである。

 そういうことを、東京の空の下、遠くの他人事のように感じていた評者だったのだが、、、台風22号東京上陸である。土曜日ながら、午前中仕事をし、午後早めに家へ戻った評者。食べ物も買い込んだし、あとは本を読むぞとベッドの上。夕方4時ごろから風雨が強まって、評者の頭に、ふとある考えが浮かぶ。“東京の電力会社って、台風対策とか、鹿児島ほど慣れていないかも。もしこのまま停電にでもなったら、しばらく復旧しないかも。じゃあ、本も読めないじゃん。何すりゃいいんだ、自分。ラジオもないぞ、一人暮らし。ええと、停電になっても使えるものって、充電機能の付属している携帯とPCだけじゃん。おお、淋しい。どうか停電になりませんように(祈)”幸いにも停電にはならずに済んだのだが。。。。

 夕方6時ごろ、ベッドの上で読書中の評者の耳に変な音が聞こえてきた。まるで、暴風雨の中、手荒い泥棒がドアを金具でこじ開けようとするような不気味な音。ベッドの部屋から出て、入口キッチンの部屋に行ってみる評者。怖いよう。ん?音はドアではない。流し台のシンクからかな?ギョエーン!!ちびりそうにビックリ吃驚\(◎o◎)/!

 シンクの排水溝。あの丸い穴。そこのゴムの蓋が吹っ飛んで、中に入れてある筒状の異物流出防止(っていうのかどうか知らんが)のとこが、ニョッキニョッキと出入りしている。ギョエーン!!まるで、エイリアンのミニチュアが下から押し上げて、進入しようとしているような場面。恐る恐る近づいて確認してみると、どうやら原因は下水からの空気の押し上げのようである。変な不気味な音は、配管が軋むような音だったらしい。下水の汚水までは逆流してきそうにないが、このエイリアンモドキと臭い下水の空気の逆流はいただけない。いただけないが、まあ我慢して見過ごすとして、それよりちびりそうになったものを放出じゃあ(^O^)/でトイレへ。放尿(^.^)フー。

 ギャビーン!!流そうとしたら、流れていかずに水位が上がってきたぞ!!溢れるのか?フー。なんとか溢れずに済んだ。済んだのはいいが、これじゃあ放尿じゃないほうをしたくなったら流せないじゃん。ギャビーン!!

 でも、気を取り直し、今度はテレビで台風ニュースを観る評者。夕方6時過ぎにもう夕食。だって、停電になったら暗い中食うのいやだもんね。おお、各地でミニ被害続出、テレビ画面。おお、渋谷、冠水して、みんな足まで浸かっておるねえ。ん?もしや?評者の部屋は1階。とりあえず、ドアを開け、前の通りを見てみると・・・ギャビーン!!なんと、50センチ冠水!!どうりで、エイリアンモドキ現象やトイレトラブルが起こるわけだ。でも、雨足ももう弱まって、建物の最下部分まではまだ余裕(^.^)意外に道路と建物の段差ってあるのね、なんて思って部屋に引っ込んでいる間に、雨もおさまってきて、エイリアンモドキも静かになって、トイレの水も元に戻った、そんな台風体験でした。あれ?まだ、『だりや荘』と関連付けないじゃん。ベッドで読んでた本は『だりや荘』なんだけどね。それじゃあ・・・

 台風体験といえば、以前長野に住んでいた評者。そこでも台風体験がある。珍しく長野に台風ということもあって、りんご農家とかが備えに大変そうだなあなんて、そんな風に思っていた評者。実は、このとき評者は高原のリゾート地に住んでおり、後ろの池には評者が管理しなければならない、手漕ぎボートが5艘係留されていたことを失念していたのである。翌朝、起きてみると、そのボートどもは池のあっちやこっちで、ひっくり返って浮かんでいた。その後の作業の難儀したこと。

 というように、評者は、長野に5年間住んでいた時期があり、娯楽といえば色んなペンションの泊まり歩きとかもしていたのである。だから、本書『だりや荘』に出てくるペンションを中心とした風景というのは、非常に懐かしい、実感のある風景でもある。さて『だりや荘』の話に繋がったぞ。

 信州で『だりや荘』を営む若夫婦、迅人と杏。隣の建物には、杏の姉、椿が住む。他の登場人物は、途中からペンションを手伝うことになった若者と、姉の見合いの相手。ここに描かれているのは、その男女の心と体の関係なのだが・・・評者にはこの小説の良さが、全然わかりませんでした。複数の相手と関係を持つこととか、そのときの感情とか、そういうものが題材のひとつになる分には構わないのだが、それだけ書かれてもなあ、という感じ。設定だけ読まされて、物語を読ましてもらえなかったような、そんな感じかな。

 はっきり言わせてもらえば、道徳的な評者裁判官から見ると、被告人迅人も死刑、杏も死刑、椿も死刑、見合い相手も死刑、手伝いの若者は無罪放免ってな具合に、優しい心の持ち主である登場人物たちだったのだが、やっていることの罪が深すぎて、結局理解できないのである。

 ところが、本書『だりや荘』は、多くのメディアで取り上げられていて、その評判も概していいようなので、本書の評価は評者の個人的感性が強く滲み出たものであることも、付記しておこう。(20041009)

※薄めの小説だったのだが、先を読む興味が薄れ、読了に5日間かかってしまいました。じゃあ、その間何してたのって?晩酌に逃避しておりました(^^ゞ(書評No413)

書評一覧
↑↑↑「本のことども」by聖月書評一覧はこちら
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-10 15:32 | 書評 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 10月 10日

『だりや荘』読了

『雨にもまけず粗茶一服』松村栄子に入りました。
こりゃ、面白い。
芥川賞受賞作家なんですね。
この作品は、直木賞的(^.^)
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-10 03:18 | メモる | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 09日

今日は台風接近、明日図書館に行くのである

明日取りに行く本は、
『介護入門』 モブノリオ
『方舟は冬の国へ』西澤保彦
『 七月七日(なのか)』古処誠二
『 名無しのヒル』シェイマス・スミス

でも手元にも図書館本があるんですよ、これが
『だりや荘』井上荒野
『ニューヨーク』ベヴァリー・スワーリング
『雨にも負けず粗茶一服』松村栄子
『百鬼徒然袋-雨』京極夏彦
『夜は満ちる』小池真理子
『出口のない海』横山秀夫
『神の子どもたちはみな踊る』村上春樹

う~ん、消化不良な贅沢な悩みが・・・
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-09 15:29 | メモる | Trackback | Comments(5)
2004年 10月 08日

本日図書館の新刊に反応して、予約入れた本

『Fake』五十嵐貴久 待ち順 5
『七月七日(なのか)』古処誠二 待ち順  1
『Play』山口雅也 待ち順2

このうち、山口雅也はなんの情報も無く勢いで(^^ゞ
[PR]

# by kotodomo | 2004-10-08 13:20 | メモる | Trackback | Comments(0)