「本のことども」by聖月

kotodomo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 02日

2017年12月に観た映画のことども

12月の鑑賞メーター
観たビデオの数:14本
観た鑑賞時間:1772分

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [DVD]インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [DVD]
なんか、ホモ映画みたいで、あまり好きじゃなかったな。ヴァンパイアの死刑ってどうすんの?と思ったら、そういうことだった。その時になって初めて弱点を知ったので、どうも暗いシーンばかりだったようなあって。十字架や杭は迷信だけど、そこはそうなんだと。まだ、トムクルーズがアクションに入る前の映画で、配役は彼やブラピじゃなくても良さそうな演技シーンなんだけど、興行収入のためにはって感じです。結局、ヴァンパイア自体ゾンビな役なので、有名俳優でも気味悪いだけでした。
鑑賞日:12月31日 監督:ニール・ジョーダン
マジェスティック [DVD]マジェスティック [DVD]
ジムキャリーの映画は、大抵の場合、マスクの男の話とか、衆人監視の男の話とか、イエスとしか言わない男の話とか、そういう風にまとめることができて、本作は記憶をなくした男の話かと思えば、最後はそうではなく、町に愛された男の話になって、エンディングが想像ついても、感動に涙するのだ。アカ狩り、日本人はあまり知らない多くの若者の戦死、第二次世界大戦の間も前後もハッピーに暮らしていたわけじゃないのである。誰も気付かない瓜二つ、ありえない設定だけど、感動のエンディングのためなら、それも許す。
鑑賞日:12月31日 監督:フランク・ダラボン
シンデレラ・ストーリー 特別版 [DVD]シンデレラ・ストーリー 特別版 [DVD]
ハイスクールラブコメディ2時間ドラマタイプ。なんだけど、ヒラリーダフがいいね。磨かれる前の原石みたいな感じ。シェイプアップ前の、少しポッチャリ感もグッド。話はいたってわかりやすく、現代のシンデレラストーリー。継母に意地悪(そこまで意地悪じゃないんだけど)な姉二人。王子様と出逢ったあとに、ガラスの靴ではなく、携帯を落としちゃうみたいな。陳腐な粗筋と展開なんだけど、主演女優がよければ全てよしみたいな映画でした、個人的に。
鑑賞日:12月31日 監督:マーク・ロスマン
チャーリーとチョコレート工場 [DVD]チャーリーとチョコレート工場 [DVD]
キッズ用の映画は大体楽しめるのだが、これはダメでした。楽しい幼稚園までは楽しめても、よいこやめばえはちょっとみたいな。ただ、色んな方面のパクリというかオマージュがあって、クイーンの楽曲へのオマージュは声に出して笑ったですよ。例えてみれば、ディズニーランドのお子様用。小さな世界。
鑑賞日:12月30日 監督:ティム・バートン
ドク・ハリウッド [DVD]ドク・ハリウッド [DVD]
1991年の映画。やはり、評判をとった映画はそれなりに面白い。主演女優を調べてみると、テレビのほうで活躍したようだ。医師が都会で活躍する話かと思って観始めたら、都会に行く途中に田舎に絡めとられ、そこで人情にハマっていくというベタでハートウォーミングな物語。年末年始は、こういう娯楽映画に限ります。
鑑賞日:12月30日 監督:マイケル・ケイトン・ジョーンズ
しあわせはどこにある [DVD]しあわせはどこにある [DVD]
出だしとは裏腹にいい映画でした。しあわせな気持ちになりました。悩み多き精神科医が自分探しの旅に出るまでは、なんかチマチマした物語。行き先は?中国。そこからアフリカ、そしてロスへと。冒険でもあり、泣き笑いでもあり。各所で幸せの格言を書き留める。そして、最後に辿り着いたのは、誰でも幸せになる~がある。ああ、そういうことなんだ。名言。
鑑賞日:12月29日 監督:ピーター・チェルソム
サウスパーク 無修正映画版 [DVD]サウスパーク 無修正映画版 [DVD]
すべてを敵に回す無軌道アナーキーアニメ。サダムフセインのゲイセックス、ビルゲイツの射殺、ウィノナライダーのお下劣、地獄のガンジー、カナダをホッケーアホ呼ばわり、地上波公共じゃ決して放送できない内容。観たい人だけ、見るべき映画。シュールなミュージカル。ここまで悪い映画も珍しい。
鑑賞日:12月29日 監督:トレイ・パーカー
レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]
中年以降のアレックボールドウィンしか見ていなかったが、若い頃はこんな感じだったのね。登場人物が多すぎて、名前は関係なく、役割で見ていくしかない。それでも問題なく楽しめる映画。冷戦時代を描いた、冷戦後に公開された映画。今は、北を中心に冷戦なんでしょうかね。
鑑賞日:12月24日 監督:ジョン・マクティアナン
セックス・アンド・ザ・シティ2 [ザ・ムービー] (1枚組) [DVD]セックス・アンド・ザ・シティ2 [ザ・ムービー] (1枚組) [DVD]
前作は見ていたので、ゴージャスな娯楽映画が観たくなりチョイス。はい、期待通りゴージャスで楽しめました。オンナ度の高い映画ですが、男が観ても面白い。女同士観るのもよし、カップルで観るのもよし、でも男同士で観るのはゲイかなあ(笑)ライザミネリのショー、ゲイの結婚式、アブダビの風景、広大な砂漠、カーチェイスはなくてもハリウッド。サラジェシカパーカーには、あまり異性としての魅力を感じないけど、いつも心根の優しい役がピッタリ。夫婦の倦怠期もテーマになっているけど、素晴らしい夫、最後のシーンは胸に沁みました。お薦め。
鑑賞日:12月23日 監督:マイケル・パトリック・キング
特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
wikiを見て納得。テレビ版が下地になっているので、例えばフェイスが調達屋で有名、BAがココナツカレーが好き、なんて、ファンなら喜ぶ下地が、初見の場合さっぱりわからないのである。フェイスが監獄で待遇良く、女まで調達できているのも、初見だと意味がわからず、ファンだと「さすが」と感じるのだろう。スケールもでかく、想像通りの特攻チーム。娯楽映画ですね。
鑑賞日:12月23日 監督:ジョー・カーナハン
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
キャンディーズの成功と、人気絶頂のときに、さよならキャンディーズを歌って解散コンサートを開いたような物語である。音楽映画というよりは、ミュージカルに近い。セリフが歌の場面が多すぎて、退屈な時間帯のある映画。キャディーズが解散したときは、多分私は中三。絶頂の中解散した裏には、色々あったんだろうなあ。ビヨンセという単語は知っていたが、本人を見るのは多分初めて。こんなに黒い人とは知らなかった。
鑑賞日:12月17日 監督:ビル・コンドン
キャロル [DVD]キャロル [DVD]
「リリーのすべて」に続き、鑑賞したくない内容の映画でした。ボーイズラブよりはましだけど、倒錯物語は好きではないのである。そういう人たちの権利を認めるというのが昨今の風潮だが、根本ではやはり理解できないものである。だから、こういう映画は共感できないのである。まあ、おっぱいが見れたことは、よきことだが(笑)時代背景もあるが、煙草のシーンが多すぎるのもなあ。煙草の灰が落ちないのか、そっちが心配で。
鑑賞日:12月17日 監督:トッド・ヘインズ
マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
素晴らしい愛のかたち。でも戦争がそれを許さない時代。ブラビの映画を何作か見たけど、この映画の彼は素晴らしい。初めて素晴らしい。そしてその妻の美しさ。本作はすべてその美しさで成り立っているといっていいでしょう。フランス風の美しさ、たおやかさ、そして秘めた心。意外にこの映画観られていないようで、是非お薦めの作品。
鑑賞日:12月03日 監督:ロバート・ゼメキス
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]
見なければよかった痴話映画。理解に苦しむ理想の夫婦。しかし、この映画の変なところは、二人の子供に恵まれているのに子供が家にいないこと。最初出てきたときは、幻影かと思ったほど、子供のシーンが少ない。タイタニックのあの二人が家庭を築いたら、そんな見方ができないほど低空飛行の映画です。どっちかっていうと、なんだかホラーな終盤。
鑑賞日:12月03日 監督:サム・メンデス

鑑賞メーター

[PR]

by kotodomo | 2018-01-02 10:17 | 鑑賞メーター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kotodomo.exblog.jp/tb/27925306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2018年1月に読んだ本のことども      2017年12月に読んだ本の... >>